障害年金専門の社会保険労務士が請求支援。神奈川県藤沢市の事務所が運営しています。

  • 自分は障害年金の対象になるの?
  • 請求するにはどんな準備が必要なの?
  • 自分で請求するにはどのくらい大変なの?
メールでのお問い合わせ

まずは専門の
社会保険労務士による
無料相談
ご利用ください。

料金表

誤解だらけの障害年金について社会保険労務士が解説します

障害年金は、大変誤解の多い制度です。

「老齢年金」とは違い、原則として65歳未満で障害を持った方のための制度です。
( →65歳以降の方の障害年金請求はこちら)

どんな病気やケガが対象?

一般に「障害」というと身体障害をイメージすることが多く「うつ病・統合失調症」等の精神疾患や「がん」等の内部疾患では受給できないと思われる場合も多いようです。 働きながら受け取れることも

しかし、
障害年金の対象になる病気やケガは特に限定されていません。
また、人工透析、心臓ペースメーカー・ICD、人工関節・人口骨頭、人工肛門・新膀胱などのケースは、障害の無い方同様に働いていても対象になります。

 

【傷病別のポイント】 傷病別上2

傷病別下2

 

最下段6

眼の障害のポイント

肢体の障害のポイント

難病のポイント

がん(悪性新生物)のポイント

もらい忘れても誰も教えてはくれません!

最大5年遡って支給の場合も

障害年金は自ら請求をして初めて受け取れます。
 
受け取れる状態になっても、自ら請求をしなければ支給されることはありません。

 

「そんな制度があるなんて知らなかった」

「まさか自分が受け取れるとは思わなかった」

 
というだけで、 受け取るべき年金を受け取っていない方が沢山います。
 
実際に、当事務所で行なう請求も7割ほどは本来請求できた時点よりも遅れての、
「もらい忘れ」ていた方の請求です。
 
(なお、条件を満たすと最大で過去5年分さかのぼって支給される場合があります。)

まずは専門家にご相談を

社会保険労務士だからできること

障害年金については、年金事務所や市役所等の行政、ソ-シャルワ-カ-等の病院関係者も相談にのってくれます。
 
しかし、一般的な助言はできても「どうしたら少しでも受給の可能性が高くなるか。」といった踏み込んだ内容は、中立の立場上難しいようです。
 
そして、現実問題として市役所や年金事務所で「あなたくらいの障害の重さでは無理」と言われても結果的に受給できた方も多くいます。
 
その点、100%依頼者側の立場に立つことのできる
社会保険労務士は、依頼者と運命共同体となり請求を支援できます。

s5083316
 

「自分は対象になるの?」

「請求するにはどんな準備が必要なの?」

「自分で請求するのはどのくらい大変なの?」

 
一人で悩む前に、まずは「メールで簡単 受給判定」で
専門の社会保険労務士による受給可能性の判定をお試し下さい。

 

簡単受給判定

 

気になる疑問

請求の流れ

請求される方の状況により大きく異なりますので、ここではごく一般的な流れをご説明致します。

1,初診日の確定
arrow
初診日(初めて病院に行った日)をまず特定します。

初診日が古くカルテが廃棄されてる場合には、
初診日を証明する何らかの客観的な資料が必要になります。
2,保険料納付要件
の確認
arrow
初診日が確定したら、初診日に加入していた年金制度の保険料納付状況を確認します。
保険料納付要件を満たしていない場合、障害の重さに関わらず障害年金請求はできません。
3,受診状況等証明書 の取得
arrow
現在の病院と初診の病院が違う場合は、
初診の病院に受診状況等証明書を作成してもらいます。
4,診断書の取得
arrow
医師に障害年金専用の診断書を書いてもらいます。
審査における最重要書類です。
5,病歴申立書の作成
arrow
審査において診断書を補足するための書類が本人による申立書です。
診断書とつじつまが合わなかったり分かりにくい内容だと、審査で不利になることもあります。
6,添付書類
の用意
arrow
住民票や戸籍謄本、所得証明など
その他の必要添付書類を準備します。
7,裁定請求書
の記入・提出
arrow
裁定請求書を記入し、その他の書類とともに
年金事務所(障害基礎年金は市区町村役場も可)
に提出します。
8,受給
審査は平均で3,4か月かかりますが、
審査内容や時期によってかなり変動があります。
(実際の振込は、さらにその1~2か月後です。)

当事務所のサポート内容

専門の社会保険労務士がトータルでサポート

このように手間も時間もかかる障害年金請求を自分だけで行うことは難しいものです。
当事務所では、請求の方針立案から年金受給まで一貫して専門の社会保険労務士がサポートします。 s4319028

  • 綿密なお打ち合わせによる請求方針の立案
  • 請求書類一式のご用意
  • 初診日証明書取得の依頼
  • 医師への診断書の作成依頼書の作成
  • 診断書の記入内容のチェック
  • 申立書の作成
  • 申請書の提出代行
  • 行政からの問い合わせや照会への対応

【料金について】

初めての障害年金請求
着手金 0円+成功報酬 「成功報酬」は支給決定の場合のみ発生します。
⇒申請代行料金について詳しくはこちら
 
運営者:社会保険労務士小田事務所

[ł̂₢킹

ページトップへ戻る